WordPress + BackWPup + ロリポップサーバ + BASIC認証…

WordPress のバックアップを簡単に取ってくれる、『BackWPup』。保存先をDropboxへするとさらに楽です。(クラウドを使う以上、まったく問題がないってわけじゃありませんが…)今回

  • WordPress(4.0) 使用
  • BackWPupプラグイン(3.1.4) 導入
  • ロリポップサーバ
  • ブログ全体にBASIC認証

という特殊?な環境においてバックアップがうまくいかなかったので、解決方法を半分自分用にメモしておきます。

『Access token not found』エラーが吐き出される

これはどうやらBackWPup 3.1.3 か 3.1.4 あたりからの仕様変更に問題があるようです。Dropboxへ再認証が必要です。これに関しては以下のサイトが詳しいので参考にされてみてください。

http://www.kimama-dennou.com/?p=3327

『HTTP応答テストは偽HTTPステータス(401)を取得』と表示される

これは、プライベートブログなどで、ブログ全体にBASIC認証をかけている時などに表示されます。

SnapCrab_NoName_2014-11-20_10-46-40_No-00

BackWPupの設定画面の『ネットワーク』の部分にBASIC認証のユーザ名とパスワードを入力することで、このエラーを回避できます。

エラーは出ないが、ファイル圧縮昼夜Dropboxへのアップロード中に動作がとまる

実はこれが一番困ったのですが、どうやらBackWPupの設定画面の『ジョブ』の『最大スクリプト実行時間』がカギだったようです。

SnapCrab_NoName_2014-11-20_10-37-19_No-00

わたしの他の環境では、この『最大スクリプト実行時間』が『0』となっていることが多かったのですが、トラブル続きで、下のほうにある『すべての設定をデフォルトにリセット』を押すと、『30』が入りました。これによって、たぶんですが、サーバに過大な負荷をかけずに大きなサイズのバックアップ作業が最後まで実行できるということなんでしょうね。

30秒というのが果たして万能な数値なのかはわかりませんが、たとえばロリポップサーバ使用の方でうまくいかない、という場合などは試してみても良いかもしれませんね。

 

Posted on: 2014年11月20日, by :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です