大母音推移?

いつも疑問に思っていたこと。

英語の発音はなぜ、文字そのままの発音じゃないのか?ってこと。

たとえば、make は ローマ字読みだと マケ とよんでもよさそうだけど、メイク と読む。
port は ポルト だけど ポート。
日本人にとっては複雑に見える、この発音が 学生時代に英語嫌いを誘発したり しますよね。

ローマ字、つまりラテン文字は英語の成り立ちよりも古いはずだから、学校で習うローマ字読みの方が本家(伝統的?)。だから、一つの考え方として、「英語をローマ字読みしたってなにも恥ずかしいことはない!読み方を変えてしまったのは彼ら(英語を話す人たち)の方なんだ!」と意地を張ってみたり、「むかしむかし、英語を話していた誰かが、もっとオシャレ~にしゃべりたいか、ほかの人と違ったしゃべり方をしたいがために、ローマ字読みじゃない読み方を編み出したんだ!」というとんでもない自説を作ったりして 変に納得していました。

ふっと気になって 今日 調べてみると、上記の自説は、遠くもないけど、合ってもいないということがわかりました。

その昔、英語の発音は、ローマ字読みに近かったそうな。しかし、ある時期、「大母音推移※」という事件(?)が起こって、今のような発音になったということらしい。

ざっくりいうと、現在の発音は、一説によると主に一般民衆によって話されていた英語で、それがある時期から主流となって今の発音体型に近くなってきた。古い英語に残っていた複雑な文法や決まり事も減ってゆき、英語にない言葉は積極的にフランス語(ノルマン語)や他の言語から借用してゆき、今の英語が出来上がっているそうな。(本当にざっくりですみません)

ということは、現在の英語というのは、合理的に、使いやすく、どんどん変化してきた言葉なんだなぁと思いました。

で、自分なりの勝手な結論。

やっぱり、英語を身構えて勉強する必要はない!

これは言語全般に言えることですが、ことばとは生き物であり、たとえば間違えた言葉を使ってしまった!と思った言葉でも、20年30年後にはそれが標準になっているかもしれないし、おそらく歴史の先人たちも、そうやって失敗や試行錯誤を繰り返しながら言語を洗練したり、外国語を身に着けていったはず。

ということで、今後もマイペースに(学生のようにテストがあるわけではないので)のんびり英語を勉強していきたいと思います。

※大母音推移…wikipediaをどうぞ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%AF%8D%E9%9F%B3%E6%8E%A8%E7%A7%BB

※参考文献 英語の歴史/英語の成り立ちhttp://www.globalheart24.com/english.htm

Drive Your Dreams.

Drive your Dreams.

ほとんどの人がこの言葉をどこかで聞いたことがあるでしょう。
そう、世界のTOYOTA、トヨタ自動車のコーポレートスローガン(あるいは、コーポレートステートメント)。宣伝の前後にたいてい挿入されてある、あの言葉です。

じゃ、どうやって和訳すればいいのだ?
そこは天下のTOYOTA、ワタクシみたいなドシロウトに、訳せる訳がありません。

でも、気になって眠れないので、頑張って訳してみることにしました。

続きを読む

TOEICテストに向けて始動。

模試データ分析でわかった TOEICテスト 4万人の弱点 - 間違えるパターンをランキングで一挙掲載!インターネット経由でTOEICに申し込んだのでなんとなく本気になってきました!テストなんて何年降り? あの何とも言えない緊張感が戻ってくるかと思うと興味半分、不安半分な気持ちです。
手元に残っている図書カードを消費しよう(最近本とかはAmazonで買ってしまうのです←図書カード使えんので残念)と本屋に寄ってこんなの買ってきました。「TOEICテスト4万人の弱点」。こーゆー本を買ってセコく要領をつかみ得点upを狙っている自分に嫌気がさしますが「しょうがないだろ、現役離れて○年立つんだし」と、適当な言い訳を見つけて自分を慰めています。まあこれを景気づけにして、この本では物足らなくなったら他の参考書か模擬テスト集をカリカリやってみたいと思います。そしたら650点くらい目指せるかな??意外とプレッシャーに負けてボロボロだったりして…。
テスト開始日は5月29日(日)。あと1ヶ月、がんばります。

電子辞書を購入。

SEIKO IC DICTIONARY SR-T6700 電子辞書半年ぐらい電子辞書を買おうかどうかと迷っていましたが、TOEICテストを受けることもあり購入しました。
英語を勉強するための電子辞書となると、エントリー機でも1万円は下りません。標準的なもので1万5000円程度、ならばいっそのこと、2万円前後でハイエンド機はないのだろうか…と一生懸命オークションで探しました。
見つけたのが写真のSII T6700。なんとか予算内に収まりました。指が比較的大きい男性でもラクに押せる大きなキーボード、マイペディア百科事典が入っているのが決め手。まだまだ使いこなせませんが、英和活用大辞典やコンサイスオックスフォード英英辞典、コウビルド英英辞典が入っているのもポイントです。
しかし電子辞書って使いやすい!辞書同士の連携がすばらしく、いろんな辞書から多角的に言葉の意味を理解する助けになります。特に英英辞典は英語を学びはじめる人にとってはちょっと敷居が高いですが、解説文のところに自分の知らない単語が出てきても大丈夫。「ジャンプ機能」というものを使って、その単語単語を英和辞典で調べられるんです!
TOEIC初挑戦なので、とりあえずは高望みせず、スコア600を目指します。