因島には【人口集中地区】がある

人口集中地区という用語があるようです。

詳しい説明は統計局やwikipediaの説明に譲りますが、地理院地図にオプションとして表示できる機能がいつの間にかついていたので、ためしに見てみたら面白いことに気づきました。

瀬戸内海にある島(人工島、主に工業地帯に思えるような場所は除く)で、この【人口集中地区】に該当する地域がとても少なくなっているということです。

少し古い情報をネットで捜して見ますと、1970年代ころには(団塊の世代の方々がちょうど20~30代を迎えたころでしょうか)さまざまな島の中心部も人口集中地区となっていたようですが、現在は私の目で見たところ、4つほどしか該当がありません。

  1. 彦島(山口県下関市)
  2. 淡路島(兵庫県洲本市中心街)
  3. 向島(広島県尾道市向島町中心街)
  4. 因島(広島県尾道市因島土生町、因島三庄町、因島田熊町)

それぞれに特徴があるように思います。彦島と向島は、本州からそれほど離れておらず、一般道もしくは無料化された道路結ばれているので、その気になれば無料で本州と行き来できます。それぞれ彦島は下関、向島は、尾道・三原・福山のベッドタウンになりえる町だと思います。

淡路島は、有料道路か船でなければ本州・四国に到達できない、より【島】らしい島といえますが、島の面積がかなり広く、人口も昔は20万人超え、今でも13万人が住んでいるそうです。洲本、南あわじ、淡路の3市がそれぞれ4万人超の人口を持っているようですが、このうち洲本だけが人口集中地区を持っているようです。これはどうも、洲本には城があり、城下町として発展した経緯が影響しているように思います。島にも城下町があったなんて、驚きましたが…

因島は本州とも四国ともある程度離れている、平地のきわめて少ない島です。それなのに、最盛期には5万人超ともいわれる人口を擁していたのは、日立造船の存在抜きには語れないと思います。

町の人から、かつての因島の話を聞くと枚挙にいとまがありません。かつてエレベーターが珍しかった時代に、広島県でも指折りの早い時期にエレベーターが設置されたこと。造船の町ということから、昔は多くの飲み屋が存在し、それに伴い個人商店の酒屋がひしめいていたこと。日立造船の定時が午後4時だったころには、土生の商店街に所狭しと人と自転車があふれたこと。映画館やボウリング場などの娯楽施設が複数存在したこと。最盛期の土生小学校の運動会は5000人(ほんと?)もの人がグラウンドが埋め尽くしたとか。最盛期と呼べる期間はそれほど長くなかったようですが、それでも活気にあふれる町の様子を、当時を知る人たちは記憶に刻んでおられるようです。

ただ、日立造船本体が因島で船を作らなくなったころから人口は減少傾向。本州本土の純粋なベッドタウンにはなりづらい中、なんとか平成22年の統計では【人口集中地区】を保っているのは、平地の少なさや愛媛県島しょ部との経済的・交通的かかわりなども関係しているかもしれませんが、島民の贔屓目ですが、厳しい中よくがんばっているとも言えるのかもしれません。

今でも、【島】という言葉のイメージのままはじめて因島に来られる方は、割とびっくりされることが多いです。そんなときは、青矢印の信号がある(土生町湊橋)、コンビニがやたらある(サークルKとローソン)、24時間営業のスーパーがーある、3大キャリアの携帯ショップがある、などなどのテッパンネタを話題として提供しています(笑)

ただ、これまで言及してきた【人口集中地区】は平成22年統計ということ。すでに、その地域から外れている可能性もありますね。普段はあまり意識することのない区分けですが、どうやら、ドローンなどを飛ばす際、この地域だと許可が必要な場合があるようです。今後、この地区に認定され続けるほうがよいのか、外れたほうが有利なのかはわかりませんが、統計から地域の歴史や状況が垣間見れたひと時でした。

因島南小学校 パノラマ

PANO_20150331_102014

因島南小学校(旧土生中学校)。

体育館は立て替え、プール、給食棟などが新築。このほか放課後クラブ用の教室等が別の場所に新築(だったかな?)教室棟は改装です。

桜も咲いて、あとは子どもたちを待つのみ、といった感じです。

 

トレ・バンビーニ。

 DCIM0394  昨年因島総合支所付近にオープンした「トレ・バンビーニ」に行く機会がありました。

トラットリア・ピッツェリアの表示だったので、リストランテほど気取らずって感じでしょうか。同行3人でピザランチ2、パスタランチ1を注文しました。

なんか、パスタランチの前菜にびっくり(@_@)!自分が今まで行ったイタリア料理店が偏っていたのかもしれませんが、1000円前後のランチでこんな量/質の前菜初めて。野菜の味がしっかりして、味は少し濃いめでしたが、ハーブや他の強烈系(?)調味料に頼らない、食べやすい味でした。

DCIM0397 DCIM0398で、でてきたパスタとピザ。パスタはシャケとほうれん草だったかな。割と細めのパスタで、なかなかおいしかったです。ほんのちょっぴりユズが効いていたのがおしゃれでしたねぇ。パンもついてきました(たぶん自家製?)結構おなか太ります。

ピザの方は、キノコとトマトが乗ってるのかな(すみませんメニュー名忘れました)。半熟卵っていうのは目からうろこでした。すっごいまろやかになって心までやさしくなりそうですね。

DCIM0399最後はデザート。こちらも適量で、いろんなものが少しずつってのが目をたのしませてくれていいですね。今回は個室でしたが(たぶん一部屋かな)、結構落ち着けます。カウンターとオープン席の方も結構活気があったように思います。

全体的に個人的には好きな味付けで、さまざまな種類のお野菜が美味しく感じられるような料理でした。こりゃまた機会があったら行ってみたいな。

せとうちタイムズさんの紹介記事

何年ぶり?

予想気温がそんなに低くなかったので安心して寝てましたが…

朝起きてみると大変なことに。辺り一面雪景色。気温はマイナスにはなっていないと思うのでパウダーとは全然いきませんが、それでもなかなか大粒の雪が降っている予感。家から幹線道路に出る部分がちょっと坂になっているので、確かめにいくと、ほとんどはシャーベット状ですが、一番角度のきついところがほんの少し滑るかも…こりゃノーマルタイヤしか履いてない私の車はダメですね。今日の予定はキャンセルです。

どうやら山陽道の一部、そしてしまなみ海道前線も通行止めらしい。島の中に閉じ込められた感じであります。

DSCN0848 (500x375)キャンセルだと家でおとなしく…が正常ですが、そうもいかないのであります。スノボ仲間と因島1周(厳密には半周)。彼は比較的新しいスタッドレス装着中。ただスタッドレス履いていても、シャーベットは場合によっては滑るんですよね…。気をつけながら北方向に。友だちによれば来るときに事故車を2台みたらしい。おーこわ。中庄が特にひどくて、写真は青影トンネルを出たところですが、そこでこの積雪量。雪が降ったら繰り出す「フラワーライン」に期待大です。

フラワーラインは10cmから15cmぐらいの積雪量だったでしょうか。やはりシャーベットはあまりよろしくありませんでしたが、新雪の上はグイグイと登ってくれました。スキー場付近の景色さながらのフラワーラインを走り進めていくと、白滝山登山道へはどなたの車の跡もないようでして、頑張って登ってみましたが、やはり2WD、あとすこしのところで止まってしまいました。残念!

ただ、下りに関してはさすがスタッドレス、よく効いてくれまして、安心して下って行くことができました。ゆく先々で気になったのが竹に雪が積もって道路に覆いかぶさったり、道を塞いだりしていたこと。竹も曲げてしまうぐらい重いんだな~と感慨深く思いました。

5年か10年に一回の雪かもしれませんね。だいぶ溶けてきましたが、明日凍結しないことを願っております…

分解分解。

構造上のせいか、建設からの正当劣化のせいか分かりませんが、我が家はいくぶんほこりっぽいのです。そういえばエアコンのフィルタ掃除していないなぁというところから、今朝は扇風機についたホコリの除去と部屋の掃除機がけを決行。本日も猛暑の予想なので汗がしたたり出ます。

フローリングを掃除しているとふと違和感に気づきました。いつもより音が小さい。振動が少ない。こりゃパワーブラシが動いていないみたいです。困ったなー(わたしはなぜかパワーブラシ推進派)。妻に聞くと最近ついているようなついていないようなケースがあるということでした。

DSCF4557早速分解。結線も問題ないようだし、特に問題は見つからない模様。ブラシが触れたときだけパワーブラシが動くようになっている部品の一部の鉄球が迷子になっていたので、ここに入っていただろうというところに戻して再度組み立ててスイッチオン。おっ、パワーブラシ起動!しかし、動くときと動かないときがある?困ったなあ。伸縮部分を取り外し、ヘッド部だけ接続してみる。こちらは特に問題なし。再度伸縮部分を取り付けると、こんどはうんともすんとも言わなくなった。ふむ、原因はこの伸縮部分にありそうです。

DSCF4559と決まったら分解!最初のネジを外してみた途端、原因が明らかに。線が切れてしまっています。さっきまで首の皮一枚つながっていたのかな。写真は切れているのがはっきり分かるよう少し離して撮影しましたが、どちらにしろ線は全く切れた状態に。早速修理です。

DSCF4560新しく被覆をはがすと線が短くなってしまうのと、ハンダ付けだとまた弱い部分が出てきて切れてしまいかねないな…と思い、車用のギボシを加工して接続してみました。径の大きさが違うのでかしめるのに少し苦労しましたがそこは力技。案外うまくいきました。再度組み立ててテスト運行。こんどはパワーブラシ、伸縮部分をひっつけてもバッチリです。よかったよかった。

  DCIM0291 これは昨日撮影した写真。因島モール(仮称)の建設が急ピッチで進み、あれよあれよというまにハローズの看板が。(小さいですけど)因島の風景もこうやってどんどん変わっていきますね。期待と共に、ほんの少し、寂しい気持ちも。古くはスポーツセンター、裁判所、最近ではSATY、日立会館、内海造船田熊工場など、大きな建物や敷地が姿を消していきました。こういうの記録に取っておけばよいのでしょうが、なかなかそれだけのための時間も見つけにくいものです。現ユーホーの跡地活用もぽちぽち噂は聞きますがどうなるのでしょうね。今後の動向を見守りたいと思います。