個人情報が流出したときにできる(と思われる)4つのポイント

最近いろんなところで個人情報の流出が叫ばれるようになってきましたね… 実際、自分の個人情報の流出が疑われるような事態に直面すると、気持ち悪さこの上ないわけですが、ある程度自分の側でできることを素人なりに考えてみました。

(1)個人情報流出について、極端に恐れない

個人情報流出は、ネット社会の功罪と思われがちだと思いますが、実は古くからよくあることです。目的はどうであれ、基本的に人は人に関心があるわけで、社会で生活する以上100%防ぐことはできません。心配しすぎは人間関係をギクシャクさせたり、ストレス等によって健康にも影響を及ぼしかねません。

(2)個人情報について、適度の関心を持つ

(1)と相反しているようにも聞こえますが…(^_^;) 、たとえば公の機関、銀行、クレジットカード会社から何か知らせが届いたときなどは、細部まで読み込む必要はないにしても、ある程度目を通しておくべきでしょう。それが毎年、毎月来るものなのか、突然来たものかを把握するようにします。

店舗でのポイントカード作成や、ネットショッピングでの個人情報入力の際にも、少しゆっくり書面を読むと、必須項目以外の情報は記載しなくてもよかったり、メルマガの受信を拒否できたりすることに気づくかもしれません。そうすると流出の際最小限の情報流出で済む場合がります。

(3)実際の損害を想定し、それにふさわしい行動を取る

たとえば、ストーカー被害に遭っている場合、名前や顔写真だけでも流出するとそれは損害になるでしょう。SNSやチャットにうっかりそういう情報を出さないことが大事です。事態が深刻になる前に、相談できる窓口(警察や地方公共機関)を見つけ、早めに相談しておりたり、信頼できる友人に話しておいたりできます。そうして今後考えうる「損害」に備えることができます。

多くの人にとって損害とは、金銭的な損害かもしれません。時に個人情報が流出したら、知らぬ間にお金がなくなっていくと誤解される方もいらっしゃると思いますが、たぶんそんなことはありません。日頃から、が良いですが、特になんかあやしいな、と思う時には、銀行の残高を通帳記入などでこまめにチェックしてください。クレジットカードも、最近は使用日にメールで連絡をくれると言う機能もあるので、場合に合わせて活用できます。

ちなみに、クレジットカードにはだいたい、不正使用されたと確定した場合はその額を支払わなくても良いという保険がついています。(「クレジットカードを知る」産のサイトのページへ) 怪しいと思ったら、銀行へ直接出向いたり、カード裏に書いてある電話番号に電話してみましょう。窓口が違えば、ちゃんと正しい窓口の連絡先を教えてもらえたり、転送してもらえることがほとんどです。

あとは、暗証番号やパスワードでしょうか。これが盗まれると、それに紐づいた個人情報が明らかになってしまいます。パスワードは定期的に変更する、というのが一番の策で、大手銀行などもそう勧めています。しかし、それはあまり現実的ではないかもしれません。なので、直感でもいいので最近ちょっと変なメールが増えたなとか、そういう出来事があった場合に、自分が登録してるIDやパスワードをチェックしておき、必要に応じてパスワードを変更したり、使わないのならそのサービスから退会しましょう。新しく何かに登録しておくときは、最低でもアルファベットと数字を組み合わせ、場合によってはアルファベットの大文字を組み合わせることで破られにくいパスワードになります。

(4)うまい話には乗らない

これはたぶん、個人情報流出に限らないと思うのですが、自分の家に届く郵便物や、かかってくる電話の中にある「今だけ」「あなただけ」「秘密」「必ずもうかる」「絶対安くなる」「お金が返ってくる」という話には要注意です。できれば最低でも1人の家族か信頼できる友人に相談しましょう。即決せずに、1-2日、時間をおいてみたり、電話勧誘だったら再度電話をかけてもらったり、相手の連絡先を聞いたりするのもよいかと思います。セールスの電話なら「御社のウェブサイトはありますか? いったんこちらで御社がどんなサービスをしていてどんな会社なのか調べさせていただいてから話を進めたいので」というと効果的な場合もあります。

詐欺系の事例は意外と身近にあります。先日私の住んでいる田舎でも、某金融機関で100万円を執拗におろしたがっている年配の女の方がいました。窓口の方が何に使うのか聞いてましたが、数分後には使う要途が変わっていました。結局警察の方が来て、詐欺が増えてるので、自宅の方でお話を聞かせてと、言って交渉しておられましたが、その間もその年配の女性は100万をどうにかしておろしたい、というそぶりでした。詐欺でなければよいのですが…怪しいですよね…

 

なんか脱線しましたが、個人的には、そういう情報流出を恐れるあまり、インターネットで利用できるとても便利なサービスを全く使わなかったり、ただただ恐れて不安で毎日を過ごすというのは、なんかちょっともったいないかなという気もします。

最後にひとこと: 自分も陥りがちなのですが、たとえばどこかの会社が個人情報を流出させたとあなたに知らせてきた場合、その怒りの矛先をその会社(あるいは公の機関)だけに向けてしまうことがあると思います。そしてそれ相応の損害を補償してほしいと思うものです。

ただ、これも要求が高くなりすぎると、補償するための予算、予防のための費用というのはその企業や公の機関の財布から出るわけですから、その費用は、消費者または国民(住民)に跳ね返ってくることになりかねません。そうすると、以前より高いお金を払ってそのサービスを利用しなくてはならない場合だってありえます。そうなると、結局損をしてるのは私たち本人ということになってしまいますね。なので、怒りや要求はいいところで抑えるのが得策かと思います。

残念ながら悪いことを考える人はいつの時代にもいるものなので、注意を払う部分を適度に切り分けながら、できるだけ平穏な生活をしたいものです。

 

『ベストエフォート』のからくり。

最近ブラウザでの読み込みがたまにもたつくなぁと思い、今朝、biglobeの速度測定サイトで速度を測ったら10Mbps台を行ったり来たり…。

え…

そんなもんでしょうか…

基本的にフレッツ光接続は、100Mbps、200Mbps、場合によっては1Gbpsのベストエフォートをうたってます。これを前面に出して宣伝してるので、契約する人はてっきりそれだけ速度が出ると思いますよね。

しかし、調べてみると、最近の契約者増加を受けてか、いろいろな人が使うようになって、使用環境や端末が多様化したせいか、ぜんぜんベストエフォートに届かないケースもあるようです。

BTPパソコン.jpさんの記事にわかりやすく載っていますが、特にたくさんの人が使う時間帯には、場合によっては10Mbpsにも届かないことがあるそうなのです。

では、OCNとか、Biglobeとか、ぷららとかいう、プロバイダを変えると劇的に速くなったりもするんでしょうか。

いろいろ調べてみましたが、特定のプロバイダが安定して速さをキープしている、という評判は見当たりませんでした。地域、時間帯、使用端末等によってばらつきがあると。ただ、月々500円などという安い価格帯のプロバイダよりも、1000円帯のプロバイダの方が若干いいのかもなぁとも感覚的に思いましたが、そういういわゆる『メジャー』なプロバイダであっても遅くなる場合もあるみたいなので、何とも言えなそうです。

今のところは、20Mbps~40Mbpsくらい出ていれば、光ファイバー回線の恩恵を受けているよ、と言われて納得している方が平和かもしれませんね。実質、20Mbpsくらい出ていれば、普通の人はあまり不都合を感じないそうです。

なので、局舎に近いなどADSLで有利な環境にある方で、20Mbps程度は出てるぞ、って方はそんなに急いで光に乗り換える必要もないかもしれませんね。ただ、ADSL40Mコースあたりの価格は、フレッツ光3年縛り契約の価格と差が縮まっていると思うので、どちらを取るかは好み次第ですが…

ちなみに、プロバイダを介さず直にフレッツ網への接続速度を確かめるには
http://www.flets-west.jp/speed/index.html
こちらが便利ですが、最近Javaのセキュリティが上がったのか、設定が少し面倒です。設定方法は上記サイトにも記されていますが、Java周りで困った時には、以下のサイトも便利です。

http://d.hatena.ne.jp/shilwi/20140204
-しるうぃのため息なる記録 さんのサイトより

我が家では115Mbps出てました。なのでフレッツ網としては速さとして問題なし。

しかし、ベストエフォートの8割くらいは出て欲しいもんですよね、速度。そのうち、車の燃費みたいに、実効速度に近い値を記載しなさい、という決まりができたりして。

※追記:朝10:30ごろ再トライしてみると実効速度30-40Mbps出始めました。
  やはり時間なのか、プロバイダなのか…

 

docomoのACアダプタなかなか使える

IMG_20140923_095007MNPでdocomoとさようならするときに、ポイント消費のために手に入れた「ACアダプタ04」。これが意外と役立ってます。

何回も充電をした結果、Nexus5付属のアダプタより、明らかにドコモのアダプタで充電した方が完了までの時間が短い。電池残量不足に気付いて急いで充電にかける自分にとってはうってつけです。

Nexus5に付属するアダプタの充電に関する規格は、5.0V-1.2A。ドコモの「ACアダプタ04」は主にスマホ向きに作られた急速充電器らしく、5.0V-1.8A。ほう、こんなに開きがあったのかぁと思いました。体感的には、たぶん満充電まで30分から1時間くらいの差があります。

最近はUSBケーブル経由でパソコンなどからも気軽に充電ができるようなりましたが、特に通信・充電兼用ケーブル=PCのUSBコネクタだとやたら時間がかかることがあるように思います。

やはり専用機器には有利な点がありますね。

HDD増設考。

最近お客さんから届く画像データが大きい。

それもそのはず、一昔前まではせいぜい1枚3MB程度で、実際自分が取りまわしていた写真データの多くは1~1.5MB程度。それが、ここのところの(というか少し時代に乗り遅れているけど)デジタルカメラデータの増大に伴い、デジタル一眼だと1枚6Mなんてことも不思議ではなくなりました。

1枚=6MBなら、20~30枚でも100MBを軽く超えてしまう。あらかじめお客さんのほうで厳選した写真を送ってくれれば、さほどな枚数にならないが、レイアウトや撮影環境の関係上、1アイテムに何カットもある場合が多く、どうしても枚数がかさむのです。

これといった1枚がみつかれば他は削除してもよいようなもんですが、それがまたいつ何時別カットが必要になるかわからない。ということでどんどんたまっていくわけです。余裕だと思っていたHDD(データ用)の容量も気付けばのこり数十GB。先日父に1TBの外付けHDDをもらったので(…なぜそんなサイズのが要る、そしてなぜ手放す…?)PCにも1TBのHDDを増設しようか検討中。

しかし、かつてはHDDの寿命は3年とも5年とも言われ、悲しいかなVista延命中のメイン機は5年は…すでに超えている。なんならHDD換装が必要な時期なのか。

と思ってネット縦横断、いろいろ調べてみると、「CrystalDiskInfo」というソフトに巡り合った。これで、電源を入れた回数、使用した時間の合計を始め、HDDに危険な兆候があるかどうかがわかるらしい。

使い方などはネットにたくさん転がってます。
パソ兄さんの記事などは短くておすすめ。
http://www.pasonisan.com/customnavi/z1012hdd/10smart.html

で、診断結果は、すこぶる良好。さすがに連続通電時間はかなりいってますが、マイペースパソコンの日常さんの記事
http://www.dejima.info/1378303497.html
によると10万時間以上も大丈夫という見解。それには全然及ばないので…
(※でも管理者さんはもっと早いサイクルの交換を進められてます)

延命決定(笑)

このソフトを入れて意外な発見が。ソフトからHDDのメーカー情報を見ることができるんですが、現在バックアップに使っているHDD(アイ・オー・データ製)と今のデスクトップ(DELL)に入っていたHDDの型が全く一緒だったってこと。偶然の一致ですね。

DELLは増設時のネジなどちょっと癖があるので、何が必要か予習用にケース開けるとCPUにとんでもないホコリが。ファンをはずし、エアーダスターと掃除機併用ですっかりきれいになりました。

みなさんパソコンの寿命を気にされますが、意外と長生きなのも存在するようです。うちの以前のメイン機はXPなのでネットから切り離されてますが、たぶん2002年製。起動こそ遅いですがまだ通電し正常動作します。12年目?すごいですね。最近は使い道に困ってますが(^_^;)