住田製パン

知人への近況報告はLINEにほぼ移ってしまって、ほんとにこちらの更新が滞っています。どうしよう。このまま自然消滅の危機…

IMG_20150601_164400この前妻とぶらっとドライブに出かけて、おっ、そうだと思いだしていってみました。テレビ等でも紹介されている、「住田製パン所」。

ほとんどの商品が150円以下。これすごい。最近小麦粉とか、いわゆるパンにまつわるいろんなものが値上げされてるのにねぇ。おしゃれなパン屋さん(特にデニッシュ系)は200円くらいを標準してたりしてハードル上がりますが、このくらいの値段だと商品が選びやすい。いくつか選んで小腹を満たしました。

本当に昔からある街のパン屋さんの味って感じでした。ひとことでいうと、やさしい 味なのかな。あんこがまた、好き好きがあるでしょうがたまらない。因島の児玉さんところのあんパンも好きだけど、ここのあんもうまい。機会があったらリピートしてみよう。

で、後で知ったんですがここは夕方5時以降だとほとんど65円になるそうです。太っ腹ですね。私たちいったのが夕方4時50分くらいでした。もう10分遅ければ…なーんて思いましたが、それでもなかなかよかったですよ。

向島に何かで行くことがあれば、のぞいてみてはいかがでしょう。

〔2〕自由軒

50年前とまったく同じ作り方でトンカツを出してくれる店。
尾道・うずしお小路にひっそりとたたずむ「自由軒」。
そういう情報をキャッチしてはや2ヶ月。
なかなか時間がとれなかったのですが、
ようやく行くことが出来ました。

店内に入ってみると、お客さんは1人だけ。
ぼくと入れ違いで出て行きました。
席はカウンターのみ。
一呼吸おいて、カツとライスをシンプルに注文。

続きを読む

〔1〕工房おのみち帆布

時間があるときに尾道をぶらぶらしてみようと思い、はじめました。尾道についてはたくさんの人が思い入れを持ちつつブログや日記に綴っていますので、あまりそういうものにとらわれず直感的にいろんなものを見ていきたいと思います。
 工房おのみち帆布。少し前(数年前?)から活動を開始し、だんだん活動の輪が大きくなっています。どうやら古くからの工場は向島にあるらしいのですが、こちらでも小さな機械を使って、昔ながらの伝統を引き継ぐべく頑張っています。
 帆船の帆を作る技術を現代の生活に生かそうとしておられるのでしょうか、カバンや小物を販売されていました。ものが良いのはよく分かるのですが、やはり若干お値段がはります。(布製カバンは5000円くらい…)プレゼントにするにも、ちょっとばかり気合いが要りますかね。携帯ストラップは1000円アンダーなので手に入れやすいかも。何回かのぞいて気に入った物があれば買ってみようかと思います。

工房おのみち帆布 オフィシャルウェブサイト